さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8508-1024x683

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8305-1024x683

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8508-1-1024x683

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8336-683x1024

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8367-1024x683

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8224-1024x683

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8298-1024x683

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8257-1024x683

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8331-1024x683

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8376-683x1024

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8349-683x1024

さっしー、まゆゆきりん ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」 IMG_8498-683x1024

2017/11/29
指原&渡辺&柏木ニコ生女子会“まゆゆ無双”最終章「なんだかんだ…またやりたい」

指原莉乃、渡辺麻友、柏木由紀が揃う、恒例の「ニコ生女子会」第5弾が27日生放送された。

渡辺が年内で卒業することもあり、この3人での”女子会“は最後とあって、登場前から多くのユーザーが待ちわびた。

オープニングでは、過去4回のダイジェスト映像が流れた後、3人の乾杯から番組がスタート。指原が「最後ですよ」と渡辺を見ると、「え!?聞いてない!やるよ」といきなり継続の意思を表明し、「いや、それならありがたみなくなるじゃん」とツッコまれ、いつも以上の“まゆゆ無双”を予感させる出だしとなった。

IMG_8305

卒業まであと1ヵ月となったが、今の気持ちを聞かれ「寂しさがね、日に日に増していってる」としんみり。また10月に行われた卒業コンサートについては「自分で言うのもあれですけど、良いコンサートでした。スタッフの方もファンの方も本当に温かく見送ってくれて幸せでした。忘れられない!」と感謝の気持ちを表し、「1曲目から泣いちゃって。(卒コンの)その場の空気で、感情とかよりも先に涙が止まらない感じでした」と振り返ると、指原は「早くDVDが観たい」(12月27日発売)と逸る気持ちを抑えていた。

渡辺が最後のセンターを務める『11月のアンクレット』については、「卒業のシングルでこんな素敵な楽曲をいただけて本当にうれしいなあ」と笑顔。指原は「秋元さんとまゆの関係じゃなけどさあ、“ほかにいい人が見つかった”っていう歌詞の内容、“女優業で頑張って”みたいなエールもあって、私、すごい素敵だなって思う。恋愛の歌なのにそういう風に重なるところあるよね」と語った。

女子会の景気付けはカラオケということで、試行錯誤の結果渡辺が「フリも完コピでね」と『風は吹いている』を披露。AKB48のシングルナンバーで2011年発売の、前田敦子と大島優子がセンターを務めた曲。3人はそれぞれのパートを歌うが、6年前の曲のため、思い出し思い出しの状態で“わちゃわちゃ”に。すると指原が「たかみなハゲ!」と言い、渡辺が大爆笑に。この楽曲の音サビのフリ時に前髪がバッと上がって禿げて見えたというエピソードを思い出す。すぐさま柏木が「たかみなのハゲ」で検索すると、指原が言っているその画像がトップに。3人とも大声で涙を流して笑い転げた。

おばたのお兄さん特製の水炊きを堪能しながら、渡辺へのご褒美が別室に用意され、指原とともに移動すると「きゃーーー!!!かわいい!!!」と絶叫する。大好きだというペキニーズが3頭、しっぽをふりふり2人を歓迎。「こんにちは」ともうメロメロだったが、黒毛の子のテンションが高すぎて「鼻息荒い、鼻息荒い」と逃げ腰。渡辺のたっての希望だったにも関わらず「話が違う…」と言いながら“ちょっと引く”という予想外のリアクションに指原も柏木も大困惑。しかし茶毛の子はおとなしく渡辺に抱かれると、ここから犬を抱いた渡辺の“無双”が炸裂。犬が苦手な柏木を気遣い、別室のみでの犬との触れ合いだったはずが、抱いたままスタジオに乱入。「待って!来ないで!」と逃げ惑う柏木に、満面の笑顔で「ぽいんぽいーん」と犬を揺らしながら追い回す。「つかれちゃったねー4時入りだもんねー」と犬を気遣いながら、離そうとせず超気に入った様子のまゆゆ。

「(まゆが)わんちゃん抱っこしてるの新鮮じゃない?」と驚く2人に、「おとなしい子は良いの。元気な子は怖いけど」と渡辺。今度は餌をあげてみることに。餌を食べ進めると、底になにやら文字が。「頑張って食べて、その調子だよ」と食べてもらうと、「AKB48 9thアルバム、2018年1月24日発売」と書かれており、「うそ!初出しの情報?」と3人もびっくり。

カラオケ第2弾では『僕たちは戦わない』をフリ中心に披露。サビでどうしてもインド舞踊のようなフリになる渡辺に大盛り上がり。ここで、おばたのお兄さんの鍋のシメで振る舞われた激ウマ雑炊に舌鼓を打つ3人、「こんな楽な仕事終わるなんて悲しい。もう一生ないかも」と指原が思わず口にする。そんな指原が、「まゆが卒業したら、私らもニコ生卒業します」と明言すると、この番組を引継いでほしい3人組をユーザーがコメントし始める。しかし指原&柏木は残り、渡辺の代役はだれ?という話題となるが、柏木は「まゆみたいな子、ほかにいないもん」と代わりはきかないのではという見解。ではと、渡辺本人に聞いてみても「んー、誰だろ?確かにこの面白さはいないな」とこの3人の空気感が唯一無二だと感じているようだ。すると柏木が「たかみなは?」と高橋みなみを推薦。「だったらまゆでいいじゃん!」と指原が猛ツッコミ。ほかに、峯岸みなみ、高橋朱里、小栗有以、馬嘉伶などの名前が出たが、「2人残って1人ずつ変えるか。3人変えた方がいいか。老害っぽいもん」と自虐の指原。結果3人とも卒業となってしまうのか?

番組終盤は、卒業公演では絶対見られない3人の「恋ダンス」がふたたび披露され、ユーザーも熱狂。「まゆゆなんで泣きそうなの?」のコメントに「だって寂しいから!」と顔を伏せ泣き始めたが、その先がノープランで、2人から「何がある?この次」と囃し立てられ、「ない!」と顔を上げることが出来ず床にうずくまり、柏木に「助けて」と救済を求めて大爆笑。汗ばむほどの体当たりもこの番組ならではだ。

そんな空気感を楽しんでいるとあっという間にエンディングに。「もう一生やりませんからね!」と相変わらずの無双ぶりを発揮する渡辺が、最後の最後に選んだカラオケは、高橋みなみの『お手上げララバイ』。ユーザーは「wwwwwww」の弾幕で今日イチクラスに盛り上がった。

柏木は「最後にふさわしかったと思う。いろんな意味で。今までで一番私たちらしかったと思う」と感想を話すと、渡辺は「AKB48卒業で、ニコ生も卒業ですけども、本当に楽しいことばっかり、ふざけてやらせていただいて、なんだかんだ…またやりたいですね」と笑顔を見せ、スタッフから拍手が起こった。指原は「じゃあ、私とゆきりんが卒業する時に来てもらいましょう。私は2年後くらい、ゆきりんは10年後くらいね」とイジると、「36やで」と柏木。最後まで息ピッタリの仲良し3人組“さしまゆゆきりん”。ニコ生史上に残る名番組はこれにて一旦幕を下ろした。
news.dwango.jp/2017/11/29/158990/idol/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *