渡辺麻友 アメリ 初日公演

ミュージカル「アメリ」日本初演、渡辺麻友「心が温かくなる作品」
https://natalie.mu/stage/news/282801

渡辺麻友が主演を務めるミュージカル「アメリ」が、本日5月18日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕。これに先駆けて公開ゲネプロと初日会見が行われた。

本作は、2001年に公開された同名のフランス映画を原作とし、昨年17年4月にブロードウェイで上演されたミュージカル作品。日本初演となる今回は児玉明子が演出を手がけ、17年末にAKB48を卒業した渡辺がミュージカル初主演を果たす。

渡辺演じる主人公のアメリは、豊かな想像力の反面、周囲とコミュニケーションを取るのが苦手な女の子。幼少の頃から“妄想の世界”が一番の遊び場だった彼女は、22歳になりパリ・モンマルトルのカフェで働く今でも街の人々を観察しては想像を膨らませて楽しんでいたが、ある出来事をきっかけに他人を幸せにすることに喜びを見出す。

彼女なりの発想で人々を幸福にしていくアメリだったが、自分自信の幸せについては無関心でいた。そんなある日、アメリはスピード写真のボックスに残された他人の証明写真を収集する不思議な青年ニノに出会い、恋に落ちる。

建物の壁など、舞台セットは白を基調としており、そこに投影される映像によってアメリの妄想世界が舞台上に出現。渡辺は普段は引っ込み思案な性格だが、妄想の世界では自由気ままに振る舞うアメリの二面性を表情豊かに演じ分け、少しずつ世界に対して心を開いていくアメリの姿を歌やダンスを交えて表現した。また太田基裕は、内気ゆえになかなか姿を見せない神出鬼没なアメリに振り回されながらも、夢中になって彼女のあとを追いかけるニノをまっすぐ、爽やかに演じた。

そして植本純米、勝矢、伊藤明賢、石井一彰、山岸門人、皆本麻帆、野口かおる、明星真由美、池田有希子、藤木孝といったキャストたちは、アメリが働くカフェに集う個性豊かな人々や街の住人役を務め、華やかで活気溢れるパリの街並みを立ち上げた。上演時間は約2時間。

ゲネプロ前に行われた初日会見には渡辺と太田、演出の児玉が出席。渡辺は開幕に際し「ついに初日です。今は緊張と不安とドキドキと楽しみと、いろんな気持ちが入り混じっています。最高の舞台をお届けできるように精一杯がんばります」と意気込みを述べる。太田は「『アメリ』という作品の世界観をお客様と共有しながら、楽しんでいけたらと思います」と笑顔を見せた。

続く児玉は本作について「映画の世界観を舞台でどう表現してお客様にわかりやすくお届けできるか。キャスト、スタッフ一丸となってがんばっています。観終わったあとに優しい気持ちになったり、元気をもらえる舞台です」と自信をのぞかせた。また主演の渡辺については「本当に成長しました。これから公演を重ねるごとに、もっともっと成長していくと思います」と賞賛しつつ、エールを送った。

最後に渡辺は「ミュージカル『アメリ』の日本初演ということで、素晴らしいキャストとスタッフの皆様が集い、素敵な作品に仕上がりました。心が温かくなる作品です。ぜひご覧になってください!」と締めくくった。公演は6月3日まで東京・天王洲 銀河劇場、6月7日から10日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて。
この記事の画像一覧(全19件)大きなサイズで表示

2018年5月18日(金)~6月3日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

2018年6月7日(木)~10日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:「アメリ」(ジャン=ピエール・ジュネとギヨーム・ローランによる映画に基づく)
脚本:クレイグ・ルーカス
音楽:ダニエル・メッセ
歌詞:ネイサン・タイセン&ダニエル・メッセ
翻訳・訳詞:滋井津宇
演出:児玉明子
音楽監督:斉藤恒芳
キャスト

アメリ:渡辺麻友

ニノ:太田基裕

植本純米、勝矢、伊藤明賢、石井一彰、山岸門人、皆本麻帆、野口かおる / 叶英奈(Wキャスト)、藤巻杏慈(Wキャスト)、明星真由美、池田有希子、藤木孝

関連記事

児玉明子演出ミュージカル「アメリ」、主演の渡辺麻友「全身全霊で」
渡辺麻友「アメリ」ニノ役は太田基裕、「アメリの存在意義になれるように」
“ベーなべ”こと渡辺麻友「私なりのアメリを」公開稽古で2シーンを披露
渡辺麻友の記事まとめ

タグ

ミュージカル・音楽劇 記者会見 公演レポート

渡辺麻友 太田基裕 児玉明子 植本純米 勝矢

その他のタグ

リンク

ミュージカル『アメリ』
amelie_musical2018 (@musical_amelie) | Twitter

渡辺麻友主演ミュージカル『アメリ』開幕

渡辺麻友主演ミュージカル『アメリ』開幕

渡辺麻友主演ミュージカル『アメリ』 が5月18日開幕。初日公演前に初日会見とゲネプロが行われた。
ミュージカル『アメリ』は、2017年4月にブロードウェイにて上演された、大ヒット映画『アメリ』を元にしたミュージカル。日本初演となる本作で主人公アメリを、2017年12月にAKB48を卒業した渡辺麻友が演じ、本作が初主演ミュージカルとなる。アメリの相手役、ニノを演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台『弱虫ペダル』など、話題の2.5次元作品に数多く出演している太田基裕。演出は、宝塚歌劇団で座付きの脚本・演出として数々の作品を手掛け、退団後は2.5 次元作品の脚本や演出を中心に活躍している児玉明子が担当している。

約2時間の一幕物のミュージカルであるが、次から次にお洒落でハートフルな展開でまったく目が離せない。主演のアメリ役を演じる渡辺麻友は、初主演とは思えない演技を見せており、アメリは彼女のはまり役といって良いほどチャーミングに演じ切っている。新たなミュージカルスターの誕生の相応しいステージとなった。ニノを演じる太田基裕は、明るい好青年を好演、アメリとの恋の展開を応援したくなる。幼いアメリ役は子役で、叶 英奈と藤巻杏慈の2人がWキャストで演じるが、幼少期だけでなく作品を通じて出番が多く、ソロ曲を含め見せ場が多い役。生バンドで冒頭から約15分歌い続けられる役なんてそうはない。子役としてやってみたい役の一つになるに違いない。

映画ともブロードウェイミュージカルとも一味違う、新しい視点で紡がれる魅力的なミュージカル『アメリ』、東京公演は、5月18日から6月3日まで天王洲 銀河劇場にて、大阪公演は、6月7日から6月10日まで森ノ宮ピロティホールにて上演する。

■初日会見のコメント

左より:渡辺麻友、太田基裕

アメリ 渡辺麻友
アメリ役の渡辺麻友です。
このお話をはじめて聴いたのは 1 年半ほど前で、その時はまだまだ先だなと思っていたらあっという間に、いよいよ今日初日を迎えます。
今、緊張と不安とドキドキと楽しみといろんな気持ちが入り混じっていますが、最高の舞台をお届けできるよう精いっぱい頑張りたいと思います。
日本初演ということで、本当に素晴らしいキャスト・スタッフがそろい、素敵な作品に仕上がったと思います。
観るととても心があたたかく幸せな気持ちになる作品ですので、ぜひ皆さま劇場でご覧ください!

ニノ 太田基裕
ニノ役の太田基裕です。
いよいよ開幕ということで、お客様に『アメリ』という作品の世界観を楽しんでいただきながら、そして共有しながら素敵な舞台になるといいなと思っております。
頑張ります!

演出 児玉明子
見どころは、『アメリ』は映画が原作の作品なので、映画『アメリ』の世界観を舞台でどうわかりやすくお客様にお届けできるか、キャスト・スタッフ一同、力をあわせて頑張ってきました。
その甲斐あって、観終わった後、幸せな気持ちになったり、優しい気持ちになったり、元気になったりできる舞台になっているところです。
そして、初舞台・初主演・初ミュージカルの渡辺麻友さんが、本当に成長したなと思っています。
初めての稽古から昨日の舞台稽古までを見て本当にそう思っております。
本番を迎え、公演を重ねるごとにさらに成長していくと思いますので、その成長ぶりも見どころだと思います。

渡辺麻友がミュージカル初主演に奮闘 ミュージカル『アメリ』開幕
http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2018/05/18_02.php

AKB48を卒業した渡辺麻友が、ミュージカル初主演に挑戦。ミュージカル『アメリ』の公開舞台稽古と囲み会見が、本日18日の初日公演を前に行われた。

子供のころから、空想世界をめぐらせた一人遊びが大好きな主人公アメリは、ある出来事をきっかけに、周りの誰かを“ちょっとだけ幸せにする”いたずらをするようになる。ある日、アメリは、スピード写真ボックスに残された他人の証明写真を収集する不思議な青年ニノに出会い恋をするのだが、自分の幸せとなると、とたんに内気になってしまうのだった……。

本作は、2001年にフランスで公開され、日本でも大くのファンを集めた同名ヒット映画が原作。パリ・モンマルトルを舞台に、ちょっと変わったアメリの日常と恋をチャーミングに描いた、心温まるロマンチックコメディーだ。渡辺は、ほぼ出ずっぱりとなるが、みずみずしくかわいらしい存在感を発揮して、独特の内面世界を持ったアメリを熱演している。

初日を前にして渡辺は「このお話をいただいたのは1年半くらい前で、まだまだだと思っていたら、あっという間に時間が過ぎて、いよいよ初日の幕が開きます」と感慨深い表情。本番に向けて「緊張と不安とドキドキと楽しみと、いろいろな気持ちが入り混じっていますが、最高の舞台をお届けできるように一生懸命精いっぱい頑張りたいと思います」と緊張の面持ちながらも意気込んだ。

相手役・ニノ役を担う太田基裕は「お客様に『アメリ』の世界観を楽しんで、共有してもらえる、すてきな舞台になる」と仕上がりに胸を張った。

演出を手掛けたのは児玉明子。真っ白に組まれたセットと、映し出されるプロジェクションマッピングや影絵など、多彩な手法で、本作ならではの作品世界を舞台に立ち上げている。児玉は「原作映画の世界観を舞台でどう表現して、分かりやすくお客様にお届けできるか、キャスト・スタッフが一丸となって頑張ってます。その頑張りもあって、観終わった後には、幸せな、優しい気持ちになって、元気をもらえる舞台になっています」と手応えをのぞかせる。

主演・渡辺には「最初に稽古場で会ってから、昨日の舞台稽古まで、本当に成長した。たぶん、これからもひと公演ひと公演重ねるごとに、もっともっと成長すると思うので、その成長ぶりが見どころです」と太鼓判。この温かいエールに渡辺は「頑張ります!」と力強く応えてみせた。

AKB48を離れて、一人の女優としてスタートした心境を問われた渡辺は「正直に言うと、不安の方が大きい」と率直に明かしたが、「舞台は生もので、自分自身が楽しむのが大事。その気持を忘れずに、精いっぱい挑みたいと思います」と意欲を見せる。そして、観客に向けて「本当に素晴らしいキャスト・スタッフの皆様が集い、すてきな作品に仕上がった。心が温かく、幸せな気持ちになる作品ですので、ぜひ劇場でご覧になってください」とメッセージを送った。

公演は6月3日(日)まで。その後、6月7日(木)から10日(日)まで、大阪・森ノ宮ピロティホールでの公演が行われる。

なお、現在発売中の本誌「シアターガイド」6月号では渡辺のインタビューを掲載している。公演と併せてこちらもチェックしていただきたい。
この記事の写真

ミュージカル「アメリ」、“近づかないで、離れないで”、不器用な恋愛模様は温かくて優しくて

2018年5月18日 シアターテイメント編集部 翻訳劇・来日作品 0

渡辺麻友主演のミュージカル「アメリ」が開幕した。舞台上のセットはモノトーンのおしゃれなイラスト調で、開演前の音楽が、フランスっぽい、手回しオルガンのような音色、開演5分前の鐘の音もなんとも風情がある。それから曲調が変わり、始まる。まずは子供のアメリ、おかっぱ頭が可愛らしく、テンポよく、ストーリーは進行する。学校に行かなくなった理由や金魚のエピソード、母親の突然の死などがスピーディに展開する。

そして時は流れて1992年、アメリは大人(渡辺麻友)になった。子供アメリと大人アメリが同じ舞台上に立って会話、ここは舞台ならではのマジックだ。学校にも行かず、同世代の友人もいないアメリが、なんとスーツケースを持って家を出る。そしてパリのモンマルトルのカフェで働くことに。アメリの言葉でカフェの同僚や常連客が歌で語られる。皆、個性的でユニークな面々だが、心優しい人々だ。コミュニケーション下手なアメリだが、持ち前の空想力が彼女らしさ。そして、この年、フランスにダイアナ元皇太子妃がやってきて、あの世界的悲劇が起こる。それをテレビで観るアメリ。彼女は思う、人を助けたい、幸せにしたい、と。アメリの一種のレボルーション、映画でもそうだが、突然のインスピレーション、一見、奇抜な感じもするが、誰でも直感で「これだ、きっと!」と思うことはあるだろう。そんな共感も感じる。

振付も可愛らしく、楽曲はキャッチー、特にエルトン・ジョンが出てく下りは、楽曲が、あの時代のエルトン・ジョンっぽいメロディーラインで、作曲家の洒落が効いている。ノリノリのシーンなので、ここは目一杯、楽しんだ者勝ちな場面だ。通路から白い衣装を着た聖歌隊風味な人々が登場するので、賑やか。あの時代の大きなメガネをかけて歌うアメリ、なんだか楽しそう。

それから、映画を観た人なら知ってる、あのスクラップブックのエピソード。この写真に心惹かれるアメリ。スクラップブックとまではいかなくても、「これの所有者はどんな人なんだろうか」と思う瞬間は誰でもあるに違いない。例えば、ハンカチなど、その人の趣味や性格が垣間見えることはよくあること。そんな『小さな発見』はともすると人生を大きく左右することもなきにしもあらず、だ。

そしてそのスクラップブックの持ち主であるニノ(太田基裕)、大事な大事なスクラップブック、そんな彼もまた純朴で不器用な青年だ。“アメリが誰かに恋してる”、カフェで働く仲間や常連たちは薄々気がつく。風変わりでちょっとイっちゃってっる感のある人々だが、性根は優しい。そして映画でも印象的な「矢印」のシーン、コミカルでアップテンポに展開、とにかくほとんど歌が途切れず、次々とよく知っているシーンが万華鏡のように出てくる、出てくる。映画でも出てくるが、ルノワールの絵の老人(藤木孝)、一風変わっていてちょっと仙人ぽいが、彼の言うことは蘊蓄がある。ところどころで子供アメリが登場するが、アメリは様々な気づきをする。したり顔の子供アメリ、こういった見せ方は場面の輪郭をはっきりさせてくれる。

ミュージカル「アメリ」、“近づかないで、離れないで”、不器用な恋愛模様は温かくて優しくて
https://theatertainment.jp/translated-drama/5294/

そして、2人の出会いまで、映画もそうだがなんともまどろっこしく、「いつになったらリアルに会えるんだ?」という、この時間のかかり方が「アメリ」、時間がかかる方が観ているこっちも色々と空想できる。そんな出会い方もいいもんだと納得してしまう。

恋に奥手なアメリとニノ、「近付かないで、離れないで」と歌う下りは妙に共感できる心情だ。

結末なんか改めて言うのも野暮というもの。気になるなら劇場へ!

主演の渡辺麻友、AKB時代よりも歌唱力がアップした感があり、今後もミュージカルシーンで活躍してくれそうな予感。相手役の太田基裕、ミュージカル「手紙」など、多くのミュージカルに出演、安定した歌唱力と演技、その他のキャスト陣は一人で何役もこなす。皆、芸達者で七変化、縦横無尽に活躍する。映像はアクセント的な使い方で、絵画的でポップ。なお、生演奏なので、じっくりと音楽も堪能したい。

王道なミュージカル、観た後はきっとちょっと幸せにハッピーになれる、今年の上半期のミュージカルの注目作品であることは間違いない。

なお、ゲネプロ前に簡単な囲み会見があった。登壇したのは渡辺麻友、太田基裕、演出の児玉明子。渡辺麻友は「まだ、先だと思ってたのに・・・・・・緊張と不安と・・・・・・頑張ります!」と正直なコメント。太田基裕も「いよいよ開幕、『アメリ』の世界観を・・・・・・不思議な舞台になると思います」とコメントしたが、なんともファンタジックな舞台、その不思議とも言える世界観、「アメリ」ならではの、ちょっぴりシュールな世界も感じられる。演出の児玉明子は「映画の世界観をどうわかりやすく舞台で表現するか、ですが、(皆さんの)頑張りもあって幸せな気持ちになったりしますが、そんなところが見どころです」と胸を張る。続けて「麻友ちゃんの成長があって、これから公演を重ねるごとに成長するので・・・・・・」と言ったところで渡辺麻友は恐縮しきり。また同じ舞台に上がる、とは言ってもAKBの現役時代とは少々勝手が違うようで、またAKBという看板が外れたことに対して「不安は大きいけど、やっていかなきゃ。舞台は生もの、自分自身が楽しむことも大事」と自分に言い聞かせるように語ったが、やはりAKBの中心メンバーだっただけあって臆することなく堂々とした演技であった。最後に公演PRということで「『アメリ』、本当に素晴らしい作品になっています、素敵に仕上がっています、心が温かく、幸せな気持ちに!是非、ご覧になってください!」と締めて会見は終了した。

映画『アメリ』

2001 年に公開された映画『アメリ』は、フランス映画としては稀にみる大ヒットを 記録した作品で、2001 年 4 月末にフランスで公開されると、1 週間で 120 万人もの観客を動員し、7 月には動員 800 万人を超している。日本でも興行 収入は 16 億円を突破。パリのモンマルトルを舞台に、空想が大好きな ちょっと変わった女の子アメリの日常と恋をチャーミングに描いた心温まるロマンチ ックコメディーで、この物語は多くの人の共感を呼び、クレーム・ブリュレをスプーン でたたく人や髪型をまねる人が続出し、一躍社会現象となった。

ミュージカル『アメリ』

映画に基づいて作られたミュージカル『アメリ』は、2017 年 4 月に米ブロードウェイで上演された。 この時のアメリ役は、フィリッパ・スー。ミュージカル『ハミルトン』で主人公の妻を演じ、トニー賞にノミネートさ れた実力派ミュージカル女優である。脚本は『巴里のアメリカ人』『キスへのプレリュード』等で知られる劇作家のクレイグ・ルーカス、音楽はミュージカルオリジナルで、米ブルックスのネオフォークバンド『Hem』の作曲 &キーボード担当のダン・メッスが手がけている。なお、ミュージカル版『アメリ』の初演は 2015 年秋、米バークレーで上演されており、この時のアメリ役は映 画『レ・ミゼラブル』(2012 年)でエポニーヌを演じたサマンサ・バークスであった。

<物語>

想像力は豊かだが、周囲とのコミュニケーションが苦手な少女・アメリは “妄想の世界”が一番の遊び場だ った。22 歳になり、モンマルトルのカフェで働いている今でも、周りの人々を観察しては日々想像力を膨ら ませて楽しんでいたが、ある出来事をきっかけに、他人を幸せにすることに喜びを見出し始める。 彼女なりの方法で他人を幸せにしていくアメリだったが、自分の幸せにはまったくの無頓着だった。 ところが、スピード写真のボックスに残された他人の証明写真を収集している不思議な青年ニノに出会っ たアメリは、たちまち恋に落ちてしまう!しかし、自分の気持ちを素直にうち明けることが出来ず――

【公演概要】

ミュージカル『アメリ』

期間:2018年5月18日~6月3日

会場:天王洲・銀河劇場

期間:2018年6月7日~6月10日

会場:森ノ宮ピロティホール

原作:『アメリ』

(ジャン=ピエール・ジュネとギヨーム・ローランによる映画に基づく)

脚本:クレイグ・ルーカス

音楽:ダニエル・メッセ

歌詞:ネイサン・タイセン&ダニエル・メッセ

翻訳・訳詞:滋井津宇

演出:児玉明子

音楽監督:斉藤恒芳

企画・製作:ネルケプランニング

キャスト:渡辺麻友

太田基裕、植本純米、勝矢、伊藤明賢、石井一彰、山岸門人、皆本麻帆、野口かおる

叶英奈(Wキャスト) 藤巻杏慈(Wキャスト) 、明星真由美、池田有希子、藤木孝

公式サイト: http://musical-amelie2018.com

公式 Twitter: https://twitter.com/musical_amelie

©ミュージカル『アメリ』製作委員会 2018

文:Hiromi Koh

渡辺麻友 初主演初ミュージカル「アメリ」、相手役との“ふれあい”は「お楽しみに!」
https://news.dwango.jp/girls/28679-1805

空想と周りの誰かをちょっとだけ幸せにするようなイタズラが大好きという夢見る女の子が、ある日スピード写真ボックスに秘められた謎に遭遇してしまい…というストーリーで2001年に公開されると、その可愛らしさから瞬く間に大ヒットとなった映画『アメリ』。

そんなアメリが昨年4月に米ブロードウェイでミュージカル化され、いよいよ日本にも上陸するという。しかも、主役のアメリを演じるのは、昨年末にAKB48を卒業したばかりの渡辺麻友。初主演、初ミュージカルということで注目度は極めて高い。

ミュージカル『アメリ』初日となる5月18日(金)には、天王洲銀河劇場に詰めかけた多くの報道陣の前で、力強く作品に対する意気込みを語った。

惚れ惚れするほどに愛くるしい舞台衣装で登場すると、開口一番「一年半前にお話を頂いてから今日まであっという間でした。緊張でドキドキですが、精一杯がんばります。」と気合十分。

また、今回の初ミュージカル初主演という緊張感に関して、例年このシーズンを忙しくさせていたAKB48選抜総選挙の緊張感と比較し、「総選挙とは違う感覚だけど、同じくらいの緊張感です」と最大級の緊張を抱えていることを明かした。

そして映画『アメリ』を観た方にはもうおわかりかとは思うが、相手役との“ふれあい”については、ネタバレと言及を避けつつ「お楽しみに!」とだけ語り報道陣を沸かせた。

「心があたたかく、幸せに、優しくなれる作品。是非楽しんでください」とハートフルな仕上がりに自信をのぞかせた女優・渡辺麻友。この作品で垣間見れる彼女の急成長っぷりは必見だ。

初ミュージカル渡辺麻友が紡ぐ、新たな視点の「アメリ」
https://news.dwango.jp/news/28686-1805

5月18日(金)に天王洲銀河劇場にて、ミュージカル『アメリ』が開幕した。

2001年に公開され大ヒットした映画『アメリ』を元に、昨年4月にブロードウェイで上演されたミュージカル『アメリ』。そのミュージカルを早くも日本で上演。ヒロイン・アメリを演じるのは、昨年AKB48を卒業した渡辺麻友。

映画ともブロードウェイミュージカルとも一味違う、新たな視点で紡がれる『アメリ』の世界を楽んでほしい。

<コメント>
アメリ
渡辺麻友
「アメリ役の渡辺麻友です。このお話をはじめて聴いたのは1年半ほど前で、その時はまだまだ先だなと思っていたらあっという間に、いよいよ今日初日を迎えます。今、緊張と不安とドキドキと楽しみといろんな気持ちが入り混じっていますが、最高の舞台をお届けできるよう精いっぱい頑張りたいと思います。日本初演ということで、本当に素晴らしいキャスト・スタッフがそろい、素敵な作品に仕上がったと思います。観るととても心があたたかく幸せな気持ちになる作品ですので、ぜひ皆さま劇場でご覧ください!」

ニノ
太田基裕
「ニノ役の太田基裕です。いよいよ開幕ということで、お客様に『アメリ』という作品の世界観を楽しんでいただきながら、そして共有しながら素敵な舞台になるといいなと思っております。頑張ります!」

演出
児玉明子
「見どころは、『アメリ』は映画が原作の作品なので、映画『アメリ』の世界観を舞台でどうわかりやすくお客様にお届けできるか、キャスト・スタッフ一同、力をあわせて頑張ってきました。その甲斐あって、観終わった後、幸せな気持ちになったり、優しい気持ちになったり、元気になったりできる舞台になっているところです。そして、初舞台・初主演・初ミュージカルの渡辺麻友さんが、本当に成長したなと思っています。初めての稽古から昨日の舞台稽古までを見て本当にそう思っております。本番を迎え、公演を重ねるごとにさらに成長していくと思いますので、その成長ぶりも見どころだと思います。」

<公演概要>
【公演日程・劇場】
<東京公演>
2018年5月18日(金)~6月3日(日)天王洲銀河劇場

<大阪公演>
2018年6月7日(木)~6月10日(日)森ノ宮ピロティホール

【原作】『アメリ』(ジャン=ピエール・ジュネとギヨーム・ローランによる映画に基づく)
【脚本】クレイグ・ルーカス
【音楽】ダニエル・メッセ
【歌詞】ネイサン・タイセン&ダニエル・メッセ
【翻訳・訳詞】滋井津宇
【演出】児玉明子
【音楽監督】斉藤恒芳
【キャスト】渡辺麻友 太田基裕 植本純米 勝矢 伊藤明賢 石井一彰 山岸門人 皆本麻帆 野口かおる 叶英奈(Wキャスト)藤巻杏慈(Wキャスト) 明星真由美 池田有希子 藤木孝

渡辺麻友:初主演ミュージカルでキスシーンも 「幕が開いてからのお楽しみ」
https://mantan-web.jp/article/20180518dog00m200036000c.html

 元「AKB48」の渡辺麻友さんが18日、初主演するミュージカル「アメリ」の初日会見に出席。原作となった映画と同様、同ミュージカルの劇中で、ほっぺやまぶたにキスされるシーンが登場する。キスシーンの演技について聞かれた渡辺さんは「それは幕が開いてからのお楽しみという感じで……」とはぐらかしていたが、「映画を忠実に再現しています」と笑顔で明かした。

 AKB48卒業後の初舞台について、渡辺さんは「正直にいって、不安の方が少し大きいですね。一人でやっていかないといけないので、不安があるのですが……」と吐露したが、「でも舞台は生ものですし、自分自身が楽しむことが大事だと思うので、その気持ちを忘れずに挑みたいです」と意気込みを語った。

 上演期間は、例年でいくとAKB48選抜総選挙前の時期にあたるが、渡辺さんは「(舞台は)あれ(総選挙)とはまた別の緊張なんですが、同じくらいの緊張感。それぐらい、大きなものを迎える気持ちです」と話していた。会見には出演する俳優の太田基裕さん、演出の児玉明子さんも出席した。会見後、取材陣にゲネプロが公開された。渡辺さん演じるアメリが所狭しと舞台を駆け回り、生歌やダンスを披露していた。

 ミュージカルは、日本でもヒットしたフランス映画が原作で、2017年4月に米ブロードウェーで上演された。演出は、宝塚歌劇団で座付きの脚本・演出などを担当し、退団後は2.5次元作品の脚本や演出などを手がけてきた児玉さんが担当。

 想像力は豊かだが、コミュニケーションが苦手な少女アメリは22歳になり、カフェで働いている今でも、周りの人々を観察して想像力を膨らませて楽しんでいた。アメリはある出来事がきっかけで、他人を幸せにすることに喜びを見いだし始める。そんなある日、他人の証明写真を収集している青年ニノに出会い、アメリはたちまち恋に落ちてしまう……というストーリー。

 東京公演は天王洲銀河劇場(東京都品川区)で5月18日~6月3日、大阪公演は森ノ宮ピロティホール(大阪市中央区)で6月7~10日に上演する。

タグまとめ

渡辺麻友、初主演ミュージカルで七変化 赤ワンピやシスター姿など披露
https://www.oricon.co.jp/news/2111681/full/

 元AKB48の渡辺麻友が18日、東京・天王洲アイルの銀河劇場でミュージカル『アメリ』の公開ゲネプロ&囲み取材を開催。ゲネプロでは早着替えによる“まゆゆ七変化”でシスター姿などを見せて魅了した。

【写真】その他の写真を見る

 ゲネプロ前に行われた囲み取材で渡辺は「ついにきょう、初日の幕が開く。このお話を最初に聞いたのが約1年半前。まだまだ先だなと思ったら、あっという間に時間が過ぎた」と感慨たっぷり。「緊張と不安とドキドキと楽しみといろんな気持ちが混じっている。最高の舞台をお届けできるようにように一生懸命、精一杯頑張りたいと思います」と所信表明した。

 同名映画のミュージカル化。映画ではキスシーンもあった。相手のニナ役を務める太田基裕とのキスシーンの可能性を振られると渡辺は「それは幕が開いてからのお楽しみ」とにやり。それでも「映画をすごく忠実に細かく再現している」とやんわりヒントを与えていた。

 この時期はAKB48選抜総選挙が行われる時期でもある。「(舞台は)総選挙とは、また違った特別な緊張感。全然、違う感覚なんですけど同じぐらいの緊張感かな」と表現していた。

 また、演出を務める児玉明子氏は「初舞台、初出演、初ミュージカルの渡辺麻友ちゃんが本当に成長したなと思っている。その成長ぶりも見どころ」と渡辺を絶賛。「見終わった後に幸せな気持ちになったり、優しい気持ちになったり、元気をもらえる舞台になっている」と魅力を伝えていた。

 ゲネプロがスタートすると、渡辺はミュージカル初挑戦とは思えないのびやかな美声を魅了。映画でもメイン衣装だった赤いワンピースのほか、ロックスターのようなサングラス姿、シスター、怪盗に扮するシーンなどで早着替えを行い“まゆゆ七変化”を披露した。アップテンポで息をもつかせぬ舞台で2時間があっという間だった。

 同ミュージカルは2001年に公開されたフランス映画で、パリのモンマルトルを舞台に、空想が大好きなちょっと変わった女の子・アメリの日常と恋をチャーミングに描いた心温まるロマンチックコメディー。「観る人みんなが幸せになる」とされ、日本でも興行収入16億円を突破するなど大ヒット作となった。

 17年には映画に基づいて作られたミュージカル『アメリ』が米・ブロードウェイで上演され、日本での上演も決定。東京公演はきょう5月18日から6月3日まで東京・天王洲の銀河劇場、大阪公演は6月7日から10日まで大阪・森ノ宮ピロティホールで行われる。

渡辺麻友、キスシーンはある?「細かく再現していますので…」 ミュージカル初主演「アメリ」で「本当に成長」と太鼓判押される<ゲネプロ取材>
https://mdpr.jp/news/detail/1767262

【渡辺麻友/モデルプレス=5月18日】女優の渡辺麻友が18日、東京・天王洲銀河劇場で行われたミュージカル「アメリ」の初日会見&ゲネプロに、共演の太田基裕、演出の児玉明子氏らとともに出席した。
2001年に公開され大ヒットした映画『アメリ』をもとに、昨年4月にブロードウェイで上演されたミュージカル『アメリ』が、早くも日本で上演。日本初演となる本作で主人公・アメリを演じるのは、ミュージカル初主演となる渡辺。映画ともブロードウェイミュージカルとも一味違う、新たな視点で紡がれる。
映画版ではキスシーンがあるが、同舞台でもキスシーンはあるのか尋ねられると「それは幕が開いてからのお楽しみということで、あまり詳しいことは言えないのですが、お楽しみにってことで。映画を忠実に細かく再現していますので、素晴らしい演出とともに…です!」と照れ笑い。ゲネプロでは、コロコロと変わる渡辺の表情が印象的。女優としての大きな一歩を、そして今後の可能性を感じさせるステージだった。
「本当に成長」演出家も期待寄せる
また、演出の児玉氏は「初舞台、初主演、初ミュージカルの渡辺麻友ちゃんの成長が、彼女と最初に稽古場で会って、昨日の舞台を稽古を見ながら“本当に成長したな”って思っています」と目を細める場面も。「ひと公演、ひと公演重ねるごとに、もっと成長できると思うので、その成長ぶりが見どころです」と渡辺に期待を寄せていた。

ミュージカル「アメリ」は5月18日(金)~6月3日(日)に東京・天王洲 銀河劇場、6月7日(木)~10日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。(modelpress編集部)

渡辺麻友、AKB48の看板外れ「不安の方が少し大きい」 総選挙と「同じくらいの緊張感」で初日迎える<アメリ>
https://mdpr.jp/news/detail/1767247
【渡辺麻友/モデルプレス=5月18日】女優の渡辺麻友が18日、東京・天王洲銀河劇場で行われたミュージカル「アメリ」の初日会見&ゲネプロに、共演の太田基裕、演出の児玉明子氏らとともに出席した。
渡辺麻友、AKB48の看板外れ…今の心境は?
ゲネプロ前に会見に応じた渡辺は、初日を迎えた心境を尋ねられると「この作品のお話を最初に聞いたのが約1年半前で、まだまだ先だなと思っていたら、あっという間に時間がすぎて、いよいよ今日、初日なんですけど、今はすごく緊張と不安とドキドキと楽しみと、いろんな気持ちが入り混じっています」と吐露し、「最高の舞台をお届けできるように一生懸命、精一杯、頑張りたいと思います」と意気込み。
AKB48の看板が外れ、一人の女優としてスタートを切ったが、ホッとした気持ちと不安な気持ちのどちらが大きいか尋ねられると「正直に言うと、不安の方が少し大きいですね」といい、「1人でやっていかなきゃいけないので、そういう不安はあるのですが、舞台は生ものですし、自分自身が楽しむことも大事だと思うので、その気持ちを忘れずに精一杯、挑みたいと思います」と前を向いた。
総選挙と「同じくらいの緊張感」
また、この時期はAKB48時代も選抜総選挙で緊張に襲われていた渡辺。この日も緊張した面持ちを見せていたが「あれはまた違った特別な緊張感で、それとはまた全然違う感覚なんですけど、割と同じくらいの緊張感といいますか、それくらい大きなものを迎える気持ちです」と背筋を伸ばす場面もあった。
2001年に公開され大ヒットした映画『アメリ』をもとに、昨年4月にブロードウェイで上演されたミュージカル『アメリ』が、早くも日本で上演。日本初演となる本作で主人公・アメリを演じるのは、ミュージカル初主演となる渡辺。映画ともブロードウェイミュージカルとも一味違う、新たな視点で紡がれる。
ミュージカル「アメリ」は5月18日(金)~6月3日(日)に東京・天王洲 銀河劇場、6月7日(木)~10日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。(modelpress編集部)

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805180000487.html
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805180000612.html
渡辺麻友「総選挙と同じ緊張」初主演舞台アメリ初日

 昨年末にAKB48を卒業した渡辺麻友が主演するミュージカル「アメリ」(東京・天王洲銀河劇場ほか)が18日、初日を迎えた。

 真っ赤なドレスに包まれ、初舞台で主演を務める渡辺は「1年半前に(主演の)お話を頂いて、今日まであっという間だった。緊張、不安、ドキドキ、楽しみで、いろんな感情が交ざっている」と話した。

 昨年のこの時期はAKB48総選挙の開票直前で「あれ(総選挙)も特別な緊張感だったけど、今も同じくらいの緊張感です」と比較した。

 人気グループの看板を背負った重圧は和らいだが「正直なところ(卒業してから)不安の方が大きい。1人でやっていかないといけないので」と打ち明けた。

 それでも「舞台は生もの、自分自身が楽しむことが大事」と、自らを鼓舞するように明るく語った。

 同舞台は2001年に公開され大ヒットした映画「アメリ」を元に、昨年4月に米ブロードウェイで上映され、今回は日本初演となる。東京公演は6月3日まで。同7日から10日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

元AKB48の女優渡辺麻友(24)が18日、東京・天王洲銀河劇場で初の主演ミュージカル「アメリ」(6月3日まで同所ほか)初日公演を行った。公演前に通し稽古を公開し、取材に応じた。

 同作品は、日本でも興収16億円を突破した仏映画「アメリ」(01年公開)に基づいて作られたミュージカルで、空想が大好きなちょっと変わった女の子・アメリの、日常と恋をチャーミングに描いたロマンチックコメディーだ。映画では、アメリと青年ニノ(太田基裕)のキスシーンも描かれているが「詳しくは…見に来てくれた方のお楽しみ! でも映画を忠実に再現しているシーンが多いです。お楽しみ…です!」と

 今回が初の舞台出演で主演となる。「緊張と不安とでドキドキしていますが、最高の舞台を届けられるように頑張ります」と終始緊張気味。例年、「AKB48選抜総選挙」が行われる時期でもあるが「違う緊張感がありますが、同じくらい大きな気持ちで臨んでいます」と話した。

 同席した演出の児玉明子氏からは「物語もアメリの成長を描くけれど、麻友ちゃんも稽古を通じて本当に成長してきた。公演を重ねるごとに、さらに成長していくと思いますよ」と声を掛けられると、照れながら「頑張ります!」と笑顔になった。

https://sumabo.jp/70077

ミュージカル『アメリ』の東京公演が5月18日、東京・銀河劇場にて開幕しました。

2001年に公開され大ヒットした映画「アメリ」をもとに、昨年4月にブロードウェイで上演されたミュージカル『アメリ』。そのミュージカルが早くも日本で上演されることに。
ヒロイン・アメリを演じるのは、昨年AKB48を卒業した”まゆゆ”こと渡辺麻友さん。そして、アメリの恋のお相手・ニノは、数々の舞台で活躍する太田基裕さんです!
パリを舞台に、ハートフルロマンスが展開!

パリを舞台に、ハートフルロマンスが展開!

【ストーリー】
想像力は豊かだが、周囲とのコミュニケーションが苦手な少女・アメリは “妄想の世界”が一番の遊び場だった。22歳になり、モンマルトルのカフェで働いている今でも、周りの人々を観察しては日々想像力を膨らませて楽しんでいたが、ある出来事をきっかけに、他人を幸せにすることに喜びを見出し始める。
彼女なりの方法で他人を幸せにしていくアメリだったが、自分の幸せにはまったくの無頓着だった。
ところが、スピード写真のボックスに残された他人の証明写真を収集している不思議な青年ニノに出会ったアメリは、たちまち恋に落ちてしまう! しかし、自分の気持ちを素直にうち明けることが出来ず――。

初日直前に行われた囲み取材には、渡辺さんと太田さん、演出家の児玉明子さんが登壇。それぞれ意気込みや見どころを語ってくれました。
アメリ役/渡辺麻友さん

アメリ役/渡辺麻友さん

渡辺麻友さん「この作品のお話をいただいたのが約1年前で、まだまだ先だなと思っていたら、あっという間に時間は過ぎて、いよいよ初日です。今、緊張と不安とドキドキと楽しみと、色んな気持ちが入り混じっているのですが、最高の舞台をお届けできるように一生懸命、精一杯頑張りたいと思います!」
ニノ役/太田基裕さん

ニノ役/太田基裕さん

太田基裕さん「いよいよ開幕ということで、お客様に『アメリ』という作品の世界観を楽しんでいただきながら、共有しながら、ステキな舞台になるといいなと思っております。がんばります!」

演出/児玉明子さん
「『アメリ』は映画が原作なので、映画の世界観を舞台でどう表現して、お客様にわかりやすくお届けできるかを、キャスト、スタッフ一同頑張ってます。その頑張りもあって、見終わた後に、幸せな気持ちになったり、優しい気持ちになったり、元気をもらえる舞台になっていると思います。あとはやっぱり、初舞台、初ミュージカル、初主演の渡辺麻友ちゃんの成長。彼女と最初に稽古場で会ってから、昨日の舞台稽古を見て、本当に成長したなって思ってます。だから、公演を重ねるごとにもっと成長できると思うので、その成長ぶりも見どころです!」

【ゲネプロショット】
神経質な母と冷淡な父に育てられたアメリ

神経質な母と冷淡な父に育てられたアメリ
22歳のアメリを演じる渡辺麻友さん

22歳のアメリを演じる渡辺麻友さん
アメリが恋に落ちる青年・ニノを演じるのは、太田基裕さん

アメリが恋に落ちる青年・ニノを演じるのは、太田基裕さん
ニノは、他人の証明写真を集めるのが趣味

ニノは、他人の証明写真を集めるのが趣味
ニノとアメリの出会い。ドキドキ高鳴る鼓動を、心臓のプロジェクションマッピングで表現!

ニノとアメリの出会い。ドキドキ高鳴る鼓動を、プロジェクションマッピングで表現!
太田さんは、ストーリーやアメリの心情を語る役も担当

太田さんは、ストーリーやアメリの心情を語る役も担当
ニノが駅に忘れた証明写真コレクションを、アメリが拾うことで、ふたりの物語は動き出す……

ニノが駅に忘れた証明写真コレクションを、アメリが拾うことで、ふたりの物語は動き出す……
ニノへ電話をかけるので精一杯なアメリにもどかしさが募ります

ニノへ電話をかけるので精一杯なアメリにもどかしさが募ります
アメリが働くカフェの同僚に詰め寄られるニノ

アメリが働くカフェの同僚に詰め寄られるニノ
アメリのレトロファッションもかわいらしい!

アメリのレトロファッションもかわいらしい!
太田さんのソロ曲では、澄み切った爽やかな歌声が♪

太田さんのソロ曲では、澄み切った爽やかな歌声が♪
ふたりのキレイなハーモニーも見どころです

ふたりのキレイなハーモニーも見どころです

プロジェクションマッピングの映像がキャスト陣の演技や歌、ダンスに華を添え、彩り豊かでチャーミングな『アメリ』の世界を表現。演出家・児玉さんの会見での言葉通り、心温まるロマンチックな作品となっています。

ミュージカル『アメリ』の東京公演は、5月18日~6月3日まで天王洲・銀河劇場にて上演。大阪公演は、6月7日~6月10日まで森ノ宮ピロティホールにて上演します。その他、公演情報は下記Informationより公式サイトをご確認ください。

©ミュージカル『アメリ』製作委員会2018
■太田基裕 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

ミュージカル『アメリ』
【公演日程・劇場】
<東京公演>2018年5月18日(金)~6月3日(日)
天王洲 銀河劇場
<大阪公演>2018年6月7日(木)~6月10日(日)
森ノ宮ピロティホール

【原作】『アメリ』(ジャン=ピエール・ジュネとギヨーム・ローランによる映画に基づく)
【脚本】クレイグ・ルーカス
【音楽】ダニエル・メッセ
【歌詞】ネイサン・タイセン&ダニエル・メッセ
【翻訳・訳詞】滋井津宇
【演出】児玉明子
【音楽監督】斉藤恒芳

【キャスト】
渡辺麻友
太田基裕 植本純米 勝矢 伊藤明賢 石井一彰 山岸門人 皆本麻帆 野口かおる
叶 英奈(Wキャスト) 藤巻杏慈(Wキャスト) 明星真由美 池田有希子 藤木 孝

【チケット料金】
<東京公演>S席\11,000/A席\8,500(前売・当日共/全席指定・税込)
<大阪公演>\9,500(前売・当日共/全席指定・税込)

≪公式サイト≫
http://musical-amelie2018.com
≪公式Twitter≫
http://twitter.com/musical_amelie

Source:

渡辺麻友がミュージカル初主演に奮闘 ミュージカル『アメリ』開幕
theaterguide.co.jp/theater_news/2018/05/18_02.php

渡辺麻友、主演ミュージカル『アメリ』が開幕「最高の舞台に!」
girlsnews.tv/actress/313549

渡辺麻友主演ミュージカル『アメリ』開幕
musical-girls.com/6327

ミュージカル『アメリ』が開幕!主演・渡辺麻友の相手役に太田基裕、ロマンチックな熱演ショットを15点UP!!
sumabo.jp/70077

ミュージカル「アメリ」、“近づかないで、離れないで”、不器用な恋愛模様は温かくて優しくて
theatertainment.jp/translated-drama/5294/

渡辺麻友 透明感に喜怒哀楽乗せた演技で魅了!主演ミュージカル「アメリ」へ演出家も「本当に成長した」と太鼓判
www.edgeline-tokyo.com/entertainment/16784

渡辺麻友、キスシーンはある?「細かく再現していますので…」 ミュージカル初主演「アメリ」で「本当に成長」と太鼓判押される<ゲネプロ取材>
mdpr.jp/news/detail/1767262

渡辺麻友、AKB48の看板外れ「不安の方が少し大きい」 総選挙と「同じくらいの緊張感」で初日迎える<アメリ>
mdpr.jp/news/detail/1767247

渡辺麻友、初主演ミュージカルで七変化 赤ワンピやシスター姿など披露
oricon.co.jp/news/2111681/full/

渡辺麻友:初主演ミュージカルでキスシーンも 「幕が開いてからのお楽しみ」
mantan-web.jp/article/20180518dog00m200036000c.html

渡辺麻友 初主演初ミュージカル「アメリ」、相手役との“ふれあい”は「お楽しみに!」
news.dwango.jp/girls/28679-1805

渡辺麻友「総選挙と同じ緊張」初主演舞台アメリ初日
nikkansports.com/entertainment/news/201805180000487.html

渡辺麻友、初主演舞台『アメリ』でキスシーン!?「お楽しみということで」
news.mynavi.jp/article/20180518-632812/

渡辺麻友主演『アメリ』開幕! キスシーンは「幕が開いてのお楽しみ」
tokyoheadline.com/410063/

ミュージカル「アメリ」日本初演、渡辺麻友「心が温かくなる作品」
natalie.mu/stage/news/282801

初ミュージカル渡辺麻友が紡ぐ、新たな視点の「アメリ」
news.dwango.jp/news/28686-1805

まゆゆ 初主演ミュージカル「アメリ」でキスシーンにおわす
tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1012732/

まゆゆ、初ミュージカルでキスシーン初体験「緊張と不安とドキドキと楽しみが…」
hochi.co.jp/entertainment/20180518-OHT1T50208.html

Pages: Page 1 Page 2

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *