CI:渡辺麻友、脱“アイドルまゆゆ”へ AKB卒業後の複雑な思いを吐露

CI:渡辺麻友、脱“アイドルまゆゆ”へ AKB卒業後の複雑な思いを吐露 1263018_650

CI:渡辺麻友、脱“アイドルまゆゆ”へ AKB卒業後の複雑な思いを吐露 1263019_650

CI:渡辺麻友、脱“アイドルまゆゆ”へ AKB卒業後の複雑な思いを吐露 1263020_650

CI:渡辺麻友、脱“アイドルまゆゆ”へ AKB卒業後の複雑な思いを吐露 1263021_650

CI:渡辺麻友、脱“アイドルまゆゆ”へ AKB卒業後の複雑な思いを吐露 DjOWidzWwAA1nEg

AKB48卒業後、8月4日より放送の『いつかこの雨がやむ日まで』(東海テレビ・フジテレビ系)で初の連続ドラマ主演を果たす渡辺麻友。彼女が演じるのは、ある殺人事件の加害者の妹として、過酷な人生を歩む女性・ひかりだ。劇中、かなりハードなシーンもあり「“アイドルまゆゆ”のイメージとは違うかもしれません」と語る渡辺に、パブリックイメージについて率直な思いを聞いた。
【写真】「今までとは違う私を知ってもらえたら」と語る渡辺麻友

 渡辺演じるひかりは、ミュージカル女優を目指していたものの、兄が殺人事件の容疑者として逮捕されたことにより、人生が大きく変化する。故郷を離れ、苗字も変え、世間の目を気にしながら隠れて生活するような人生。キャバクラで同僚から意地悪されるなど壮絶な展開もあり、かなり負のオーラがにじみ出ているキャラクターだ。

 渡辺は「題材も重く、置かれている状況や歩んできた人生も救いようがない状況なので、演じていて追い込まれるような気持ちになることはありますが、私の性格上、あまり考え過ぎると成功しないので、力を抜きつつ良いバランスで演じられたら」と意気込みを語る。一方で、ひかりの暗い闇が心に覆っている部分について「私もひかり寄りの面を持っているのでしっくりきました」と心情的には共通するところが多いという。

 昨年末にAKB48を卒業した渡辺だが、“アイドルまゆゆ”というパブリックイメージについて問うと「11年間“まゆゆ”としてやってきたので、すぐに消えることはないですよね」と語りつつも「卒業してからの半年間は、自分自身を理解しようと向き合う日々でした」と振り返る。「“アイドルまゆゆ”という面も決して作っていたわけではなく一つの自分ですが、それ以外の自分も、もちろんいます。とても混とんとしている人間なんだなというのが正直なところ」と胸の内を明かす。

 今回演じる役柄を通じて「今までとは違う私を知ってもらえたら」と、本作に対する渡辺の思いは強い。「全然私に興味を持っていなかった人が、この作品を通じて、少しでも興味を持っていただければうれしいと思っています」。

また、芝居へのアプローチ方法も大きな変化があったようだ。前述したように「考え過ぎてしまう癖がある」という渡辺は、本作では意識してあれこれ考えてしまうことを脳から排除し、そのときに感じたものを大切にしているという。特に母親役である斉藤由貴とのシーンでは「ご一緒する機会が多いのですが、対峙するたびに、台本を読んだときに感じていなかったいろいろな思いが湧いて出てくるんです」と大きな刺激を受けていると話す。

 「私のお芝居にはパターンが少ないし、薄っぺらい」と自己分析する渡辺。その理由について「結構複雑な感情や、これまでのいろいろな経験で得たものは自分のなかに備わっていると思っているんです。ただそれは薄っぺらく、持ち合わせているものさえもうまく芝居に活かすことができずにもどかしいです」と悩みを吐露する。

 ストイックな彼女らしい悩みではあるが、この課題の突破口となるのが、本作のひかりという役なのかもしれない。番組プロデューサーが「ドラマがスタートしたときの渡辺さんの表情と、ラストの表情をしっかり見比べてほしい」と語っていたが、その表情の変化を楽しみにしたい。(取材・文・写真:磯部正和)

 ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』は8月4日より毎週土曜23時40分放送(初回のみ23時45分)。

https://www.crank-in.net/interview/57767/1

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *