Mayuyu Seitansai 170904

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_06-54-20

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_06-55-17

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_06-56-29

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_09-25-07

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_06-56-38

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_06-56-42

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_09-26-46
Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_06-56-47

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_06-56-50

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_06-56-54

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_07-33-21

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_07-33-26

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_08-52-53

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_08-52-58

AKB48 170904 Team B [Tadaima Renaichuu] LIVE 1830 DMM (Watanabe Mayu Birthday)

haru ga kuru made

https://drive.google.com/open?id=0BwrlJHg69uJGYnVtM3hNVkNFTVU

MC


https://drive.google.com/open?id=0BwrlJHg69uJGbXc4a3BxX1ViZFU

BD part


https://drive.google.com/open?id=0BwrlJHg69uJGNFdFMi11eEc1bTg

Mayuyukirin :love:


https://drive.google.com/open?id=0BwrlJHg69uJGOE1VREozQ0dNMUk

おはようございます。
今日は生誕祭じゃー

昨日は半年遅れの23歳の生誕祭でした!!皆さん愛のこもったサプライズありがとうございました!嬉しかったー!そしてプリンくんのスタンドフラワー!すごい!感謝! #ポム顔

まゆゆ生誕祭🎉✨
最後の生誕…😭素敵な生誕…😭
まゆの笑顔が今日はひときわ輝いてました✨おめでとう💘
(ジムでダンベル落として目の上に傷ができたのでサングラス🕶おおごとじゃないのでご安心を😌)

お大事に

クッキーめちゃうま
https://twitter.com/karaage_mayu/status/905090423160414208/

うん、結構仲良い
https://twitter.com/karaage_mayu/status/905090601959399424/

https://twitter.com/katorena_710/status/904689551293145091/
https://twitter.com/yuriaaa_peace/status/904686655835037697/
https://twitter.com/sayaya_0388/status/904694423098867713/
https://twitter.com/seina_fuku48/status/904695627459608577/
https://twitter.com/AKB48_LODstaff/status/904711168446537730/
https://plus.google.com/116860877392278377224/posts/6yaQC25RFDb/
https://plus.google.com/u/0/106575927859217364851/posts/Yeefm8pLd6W/

柏木由紀「ちょっと時間は経ちましたけども」
渡辺麻友「半年経ちました。半年遅れの生誕祭ということで、お待たせしました。ずっと握手会とかで「生誕いつ!」って。それしか言ってこないっていう。ほんとにお待たせしました」
柏木由紀「ドラマとかやってましたから」

◆ある方からのお手紙 (代読:柏木由紀)
麻友ちゃんへ

お誕生日おめでとう。

私は、指原莉乃です。

指原からのお手紙でファンの皆さんがガッカリしていないか心配ですが

※客「そんなことないよ!」
※渡辺麻友「泣いて喜んでます」

もう、こんな機会もないと思うのでお手紙を書かせてもらいます。

何からお話したらいいのか迷いますが、仲良くなったきっかけから。

7年か8年くらい前の関西の音楽特番のバックステージで、とある方の挨拶の仕方がツボで、それをモノマネし続けるっていうのが最初だったよね。

※渡辺麻友 → 大笑い 「そんなのが最初?」

7年か8年くらい経った今でもそのモノマネをして、一緒に笑える関係でとっても幸せです。

仲の良いメンバーは他にもいるけど、笑いの感性がここまで合うメンバーはいないんじゃないかな。

最近は選抜楽屋にゆきりんがいなかったりと寂しいですが、麻友としょーもないことで笑い合えるのが心の支えです。

麻友ちゃんが卒業発表してからもう3ヶ月が経ったね。あっという間で、思っているよりずっとあっさり時が進んでいくんだなーって切ないです。

麻友ちゃんが守ってきてくれたものをここで守り切れるかが今後のグループ鍵になるんじゃないかな。正直、私は自信がありません。だって、麻友ちゃんが守ってきたものは多すぎるし、大きすぎるから。

今こうやって卒業ってなって、やっと「麻友ちゃんごめんね、色んなものを背負わせて」と反省しています。

ただ、私は心配性だから不安だなと思ってしまうけど、横山やAKBの後輩たちはきっと大丈夫。なんてったって麻友ちゃんの背中を見てますから。グループを支えてくれると思うし、安心して卒業してください。

「サヨナラ、えなりくん」の時、笑顔でスタッフさんと喋る麻友ちゃんを見て、安心したのと同時に切なさも感じました。

外の世界を楽しく思えて、向上心があるまま卒業するってとても素敵なことだと思います。

不安も大きいと思うけど、このグループで我慢した分だけ麻友ちゃんは幸せになれると思います。

総選挙でライバルっていう扱いになるたびに苦しかったけど、今ではそれもいい思い出です。

総選挙だけじゃなくて、他の部分でも「さしまゆフューチャーしてよ!」って気持ちもあったけどね(笑)

今は麻友ちゃんのファンさんが握手に来てくれることも多くなりました。

麻友ちゃんのファンの皆さんも10年間お疲れ様でした。そしてこれからも女優・麻友ちゃんの成長を共に追い続けましょう。

麻友ちゃんはいい子すぎて心配になります。こんないい子を芸能界にポーンと放り出していいものかと勝手に思ってしまうけど、その可愛さと優しさと秘めた面白さで誰からも愛される女優さんになってね。

いつか番宣で共演できるように私も頑張ります。

最後に。心の底から尊敬しています。

指原莉乃

渡辺麻友「いい手紙。めっちゃ嬉しいんだけど」
柏木由紀「珍しくない?さっしーが」
渡辺麻友「初めてだよね、生誕でさっしーから手紙をもらうのも」
柏木由紀「私、去年断られたらしいの、さっしーに。さっしーに「私の手紙を書いてください」って言ったけど、半分書いて、やっぱやめたらしいから(客笑) 貴重なさっしーからの」
渡辺麻友「めっちゃ良かった。色んなね、さっしーとの思い出が。アーティストさんのご挨拶のモノマネから始まった。それはこれ以上言えないんですけど、そっから始まったさしまゆの絆の思い出が今、走馬燈のように蘇ってきて。いや、いい手紙だ」
柏木由紀「確かに.さっしーにしか書けない、いい関係性の見えるお手紙でした」
渡辺麻友「嬉しいなー、いい最後の生誕の手紙。嬉しい、ありがとう」

◆22歳の年はどんな1年でしたか? そして23歳、今年一年どんな年にしたいか
渡辺麻友「22歳は、何したかな。2016年は…でも何ですかね、凄く色々個人としての、これからのことを凄く考えるし、グループの上の人間としても、グループとか後輩のこととかも考えた、今まででそういうこと色々、凄い色々考えた1年でした。めっちゃ考えた。めっちゃ脳みそ使って凄いずっと考えてたなっていう。考えすぎじゃないかって自分で思うぐらい。それぐらい考える立場にもなったし、考えなきゃいけないことも多かったし、凄い考えに考え抜いた1年でした。

23歳、この1年の間に辞めるんですけど、この1年の間にAKBを。

そうですね、でも、あれですよ、AKBに入って。12歳でオーディションに受かって、デビューしたのが13歳の4月だったので、10年経って、11年目に入って。ほんと長いこといたなって。なんか最初入った時はそんな10年、11年先もここにいるっていうビジョンが全く描けてない状態で入ったので、色んなね、ことをやっていって、あれよあれよという間にこうして今23になったなという感じで。

世間一般からすると23歳ってまだ、ざっくり1歳から100歳で見るとするとまだまだ若いほうじゃないですか。超ざっくりな話ですけど。23ってまだ若いので。

でもなんか、ずっと12とかからここにいると凄いなんか、それの倍以上ぐらいの年を重ねてる感覚なんですよ。わかるよね?」

柏木由紀「めっちゃわかる。45かなと思うもん、私」客笑

渡辺麻友「なんかそれぐらいの色んな、ありがたいことに色んなことも経験して、色んなことやって、凄い年食った感覚で今ここにいるんですけど。

ほんとにでも、ここからAKBを辞めて、外の世界に出て、こっからがほんとにまた新たな勝負、勝負というか新たな世界に一歩踏み出すので、ほんとに不安も多いし、色々あるんですけど、23歳、今9月入りましたね、来月末には早いことに卒業コンサートですし。一応卒業コンサートはありますけど年末までAKBメンバーとしての活動はあるので、残すところ4ヶ月、皆さんと過ごせる期間は残すところ4ヶ月。ほんとに、バーっと一瞬のように過ぎるんじゃないかなと思うんですよ。この発表してからも今日までもけっこう早かったんで。あと卒業発表してからもう3ヶ月経って、で、卒業まで4ヶ月なので、ほんとにね、どんな気分ですか?皆さん」

客「寂しい」

渡辺麻友「実感沸いてきました?」

客「辞めないで」

渡辺麻友「辞めます、ごめん。辞めちゃうんです。なんかね、発表してからみんな「実感沸かないな」みたいな感じだったんですよ。私もそうだったんですけど、ちょっとジワジワ、卒コンの準備ももう8割9割ぐらい終わってて、もうなんか凄い実感沸いてるんですよね。だからほんとに、たぶんボケーっとしてるとあっという間にこの2ヶ月、4ヶ月過ぎちゃうと思うんで、ほんとに1分1秒無駄にせずに、悔いのないように最後まで見てほしいなって思います」

客「はーい」

渡辺麻友「お願いします。まゆゆ見納めなんで、見納めといてください、あと4ヶ月で、悔いのないように」

客「はーい」

渡辺麻友「おなしゃす!(お願いします)」

※生誕祭は10回目

渡辺麻友「ありがとうございます。いい区切りですね、10回で生誕祭終わるっていう」

※客のお面について

柏木由紀「めっちゃ怖いよ。やっぱ麻友のファン変だわ。何これ」
渡辺麻友「これはいつ出すやつ?」
客「今」
渡辺麻友「どんなタイミングやねん」

◆生誕祭を開いてくださったファンの皆さんにメッセージ
渡辺麻友「やっぱこうやって生誕祭ってさ、凄いファンの人が色々さ、計画練って、これやって驚かせようとかやってくれて。今日もハンカチと怖いお面と」
柏木由紀「サイリウムと」
渡辺麻友「私たちのユニットの時も黄色いサイリウムやってくれたりとか、本当にね、いつも以上のこの愛をギュッと凝縮してくださるこの生誕祭っていうのが私は大好きなので、ほんとに今日もね、AKB人生最後の生誕祭で、皆さんのほんとに思いと愛情がたくさん詰まった生誕祭、素晴らしく最高にいい1日になりました。皆さん、色々準備とかしてくださって、寝ずに準備とかしてくださった方もいるんじゃないですかね、中には。本当に皆さん、ありがとうございました」拍手

「ありがとうございます。嬉しいわ」

渡辺麻友「こんな、感じだよね?」
柏木由紀「こんな感じだよ。10回目なんだからわかるでしょ」
渡辺麻友「1年に1回しかやんないからわかんなくなっちゃうんだよね」

柏木由紀「最後の生誕祭か」
渡辺麻友「最後だって」
柏木由紀「だんだん『最後』っていうのがついてくると徐々に実感するね、やっぱちょっと」
渡辺麻友「もうね、最後ばっかなのよ、なんか」
客「やだ」
渡辺麻友「頑張ろう、強く自分を持って頑張ろう。現実受け止めて頑張ろう」
客「はーい」

渡辺麻友「変な人も多いです。褒めてます、褒めてます。大事なことだから2回言いました」

source:akb48.blog48.fc2.com/blog-entry-25177.html

Sayaya: So, you guys are super close, right? But I was wondering if you guys happen to fight a lot, or like, if you ever feel uncomfortable around each other…
Audience: NO THEY DON’T~
Yuki: I wonder… What was about the fight we had lately?
Mayu: The fight we had lately?
Sayaya: YOU HAD A FIGHT LATELY!?
Mayu: I mean, we do pretend to fight a lot.
Yuki: Oh yeah, we can do that in like 10 seconds, we quickly pick up a fight.
Mayu:
Mayu:
Mayu: OY!
Yuki: Oy! You wanna do it, huh!? You wanna fight!?
Mayu: Oy! Iromegane (which can mean both “colored glasses” and “somebody who has a biased viewpoint”)
Yuki: Oy! Just… Don’t call me that.
Mayu: And… That’s the kinda fights we have.
Yuki: Yeah, those kinda fights we do have a lot.
Sayaya: OK but what about REAL fights?
Yuki: I don’t think we have ever–
Audience: They don’t have real fights~
MaYuki: THE HECK YOU KNOW ABOUT THAT!??
Sayaya: Why does the audience know about this?!
Mayu: I say there are real fights between us.
Yuki: Are there? But I can’t really remember any…
Mayu: There aren’t much. Almost any. But there are some. It looks like there aren’t any, but there actually are some.
Yuki: Maybe it’s me the one who gets mad more easily?
Mayu: Sorry?
Yuki: I feel like I am the one who gets mad more often.
Mayu: Are you?
Members: *shocked by the sudden revelation*
Members: YOU GET MAD AT HER!?
Yuki: Yeah, like, “Hurry up!” or “You still there!?/Why you so slow!?”
Mayu: Ah, that’s your getting mad at me?
Yuki: THAT IS, YES!
Members: EEEEH!? She doesn’t even realize it!?
Yuki: I only get mad when we’re in the work enviroment, though.
Mayu: Ah, so that’s how you get mad.
Yuki: What did you think it was?!
Mayu: Just your ordinary way of talking to me…
Yuki: You’re kidding me!
Mayu: She’s a natural!

source:miroku-48.tumblr.com/post/164969757994/do-mayuki-fight-a-lot

“It’s already been 3 months since you announced your graduation.

Time goes by so fast, faster than I ever thought, and it’s so oppressing.

I wonder if I’ll be able to hold on to the things Mayu-chan has been protecting for all these years, and if those things will be the important key for the next groups that are going to come.

But to be honest, I lack the confidence. That’s because the things you’ve been protecting so far are too many and too big. I am finally now regretting all the things I’ve let you carry on your shoulders over the years. You know how I am, I get worried very easily. But I’m sure that Yokoyama and the AKB juniors will do alright. No matter what, they’ll follow on your example. I’m pretty sure they’ll keep on supporting the group in your place, so please do graduate without worrying.

I could feel both your reassurement and your sadness when I saw you talking and smiling with the staff members during the last shootings of “Sayonara, Enarikun”. I think it’s positive the fact that you get to graduate having in mind such a fun memory of the outside world, keeping your ambition just the way it is.

The fact that we were considered rivals at the SSK always made me feel uncomfortable and sad, but if I think about it now, that’s also part of the great memories I share with you.

And it’s not only about the SSK, in many other occasions we got to feel like we had to build a new future, together.

Lately, I’ve got many Mayu-chan oshis coming to meet me at HS events, too.

I congratulate with all Mayu-chan oshis for having been by her side for the past 10 years. And I also recommend them to keep on supporting you, this new Mayu-chan the actress, from now on, alongside with me, and growing and improving with you.

Mayu-chan, you’re such a good girl, I’m kinda worried about you. I can’t help but feel worried about whether or not it’s a good thing to have you thrown into the entertinement world all of a sudden, just like that. But then again, I’m sure you’re gonna be loved by many with your beauty and your kindness and your hidden fun-side.

I hope that one day we get to work together on some TV project, so I’m gonna work hard in order to be able to see that dream become true.

Lastly, I respect your from the bottom of my heart.

By, Sashihara Rino.”

source:miroku-48.tumblr.com/post/164970889224/excerpt-from-sashiharas-letter-to-mayu-september

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_07-54-04

Mayuyu Seitansai 170904 2017-09-06_07-54-09
source:twitter.com/AnfieldAkiba/status/904829755660238848

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *